競艇予想サイトの口コミと予想をする上での3つのコツ

競艇といえば一昔前ではおじさんが多いイメージ

最近では若いカップルなどがデートで来るまでイメージが改善されました。

今回はボートレース(競艇)を楽しく遊ぶため、初心者でもわかる予想に関する豆知識を紹介していきましょう。

競艇予想の際の豆知識

1号艇を絡めるべし
ボートレースではインコースが断然有利となっています。インコースにポジショニングしている1号艇が3着以内でゴールする確率はおよそ70%~80%%となっており、インコースが断然有利なことがわかると思います。

しかし、1号艇を絡めると配当が安くなりがちですので、1-3-4や1-4-2などアウトコースと絡めながら買うといいでしょう。

あえて1号艇を絡めずに買うべし
前述の通り1号艇有利なのは間違いないのですが、配当が安くなる傾向があるので、あえて1号艇を外した予想をする事で配当金が高くするのもいいでしょう。

例えば、1号艇と2号艇がライバル同士でバチバチにやりあう事が予想できるので、あえて3号艇から買う。というのもよくやる買い方のひとつです。

ボートレース場の特性を見極めるべし
日本ではボートレース場が24会場ありますが、それぞれの会場に環境の違いなどがありそれが結果によく反映されます。

例えば住之江ボートレース場では「海水」ではなく工業用水と雨水を多く含む「淡水」ですので、浮力があまりありません。

さらに水質は固いため選手にとっては非常に難しいコースとなっています。

さらに住之江最大の特徴は全国でもトップクラスにインコースが強いボートレース場という事です。3着までに入る確率がなんと80%オーバー。

モーターの調子を見極めるべし
各ボートレース場がそれぞれボートにつけるモーターを所持していまして、選手はそのレース場に来た際にくじ引きでモーターとボートを選びます。

それを選手自身が整備してレースに臨むわけですが、このモーターのくじ運がかなり重要になってきます。

その中でも勝率のいいモーターを「超抜モーター」といい、このモーターを誰が持っているかを調べながら予想するといいかもしれません。

選手の出身地などを知るべし
出身地付近でのレースにその選手が登場すると、地元のファンなどが応援に来ている為頑張って走る傾向などがある。

他のレース場では頑張らない訳ではないですが、やはり選手も人間なので感情を読み取る事は予想する上で大事なことだと思います。

以上が初心者でもボートレースを楽しめる豆知識をお伝えしました。